ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
ヘッダーメニューへ移動します。
本文へ移動します。
フッターメニューへ移動します。

ここからヘッダーメニューです。

ヘッダーメニューはここまでです。

ここから本文です。

職場環境を知る

当社は、日本郵政グループのIT機能会社として、グループ各社のビジネスに貢献しています。

能力開発

ICT人材を育てる人材育成体系

当社は、日本郵政グループのためのICT専門家集団の中で活躍できる人材を必要としています。
企業は人の成長とともに発展するという考えのもと、「人としての幅、奥行き、多様性、専門性」の伸び代を持った意欲のある人材を採用し育成しています。

ビジネススキルと業務スキルの両面から様々な研修プログラムを準備しています。

  • 内定者研修
    ICTに関する基本用語の理解、新聞の読み方等当社社員になるための基本事項について学びます。
  • 新入社員研修
    入社後、2か月程度実施する集合研修。社会人としての基礎スキル、ICT基礎知識、日本郵政グループの事業・当社の事業詳細について学びます。
  • 業務遂行スキル向上プログラム
    配属先で実施する業務を行う上で必要となる業務スキルを、OJTを中心として計画的に習得します。
  • 郵便局実務研修
    郵便局のフロントラインにおける主な業務の概要を学習したうえで、実際に郵便局を見学します。
  • 設計力強化プログラム
    若手・中堅層を対象とした、システム設計力(要件定義力、アーキテクチャ設計力)を強化するための一連の研修プログラムです。
  • ナレッジ共有講座
    幹部社員や多様な経験を持つ先輩社員のナレッジを共有することで、発想力豊かで柔軟性のある社員を養成する講座です。

若手社員に求めるICTスキルレベルの領域

若手社員がシステム設計力を身につけるための前提となるICT基礎スキルの領域

システム設計力の前提となるICT基礎スキルの習得を目指し、ITプロセス、アプリケーション、アプリケーション基盤、プラットフォーム、システム管理など各レイヤでの基礎について研修します。

トレーナー制度

3ヶ月程度の新入社員研修を受講したのち、各本部へ配属となりますが、配属後皆さんを指導する役割として先輩社員をトレーナーとして任命し、約1年間、フォローしていきます。

トレーナーは各本部で必要となる業務遂行スキルについて、予め計画を立て、皆さんが業務を行う上で必要となる基本スキルを身につけられるように、指導していきます。

また社会人生活をおくる上で不安に思うことや、わからないことなどにも丁寧に対応しています。

概ね四半期に1度の割合で、新入社員の皆さんと面談を行い、進捗状況を確認するとともに、トレーナーミーティングを開催し、実際の指導上の問題点や、他本部での取組みを共有し、よりよい育成環境の実現へ向け重点的に取り組んでいます。

勤務

育児短時間制度

お子さんが生まれた場合、小学校就学前に育児を行うために、会社での勤務時間を短くして働くことができる制度です。2018年1月時点で2名の社員が利用しています。

フレックスタイム制度

ワークライフバランスの実現をめざし、フレックスタイム制度を活用しています。必ず勤務しなければならないコアタイムは10時~15時としていますが、始業時刻と終業時刻を仕事や個人の都合に合わせて変動させ、柔軟で効率的な勤務ができるように運営しています。

土祝日の振替休暇

祝日が土曜日に重なった場合、有給休暇とは別に、休暇を取得することができます。例えば2017年では4月29日の昭和の日は土曜日ですが、別に1日休暇を取得できます。

リフレッシュデー

毎週水曜日と金曜日はリフレッシュデーとして、定時での終業を推進しています。職場全体で残業をしないで早く帰り、みんなで飲みに行ったり、一緒にスポーツや趣味を行ったりと仕事以外でのコミュニケーションを広げることができます。

キャリア形成

社員申告制度

年に1度、各自の勤務状況や将来の勤務希望を調査するための社員申告制度を実施しています。直属の上司には直接言いにくいような内容も、直接会社へ伝えることができます。会社は、申告内容も参考として、異動や担当変更等を適宜実施しています。

本文はここまでです。

ページの先頭へ戻る。

ページの終わりです。